通販で医薬品を購入するならニセモノに注意

最近の医薬品製造は日本だけで行われないものも多くあります。例えば薬のもとになる原料は海外の安いものを仕入れてきて、日本で医薬品として製造したり、医薬品の製造自体を賃金の安い海外の工場で作ることも珍しくありません。以前、医薬品の原料を粗悪なものにすり替えられ、それに気づかずに製造された医薬品を使用して患者が死亡する事件が起きたことがありました。この事件を受けて、医薬品の安全性や品質を管理する国の機関が厳しい管理を医薬品製造会社に課したこともあり、現在では原料や逆輸入された薬を販売する前に検査を行うようになり、日本国内の薬の安全性は、確保されているといえます。ただ、それは国の認可を受けた医薬品販売業者だけであり、個人で海外の薬を入手した場合には、その規制に該当せず、安全性は確保されているとは言い切れません。海外の製薬企業も同じような管理をそれぞれの国の機関から課せられているので、本物を入手することができれば、日本と同じように安全なものを使うことができますが、海外からインターネット、通販などで入手した場合や国の認可を受けていない不法な業者から購入した場合などでは、管理の目が行き届かず、安全なものかどうかの保証はありません。日本では医者が処方する処方箋は保険の対象になるため、高価なものという感覚はあまりありませんが、処方箋を保険適用なしで購入する場合、かなり高価なものになります。保険制度もなく、裕福でない国を通過した際に薬が盗まれる、粗悪な偽物にすり替えられるというリスクが高くなります。こうして盗まれた薬が、水増しされ転売されることもあります。ものによっては、容器やパッケージはそのままに中身だけがすり替えられるといったケースもありますので、通販などで購入する場合には、よくよく注意し、少しでも怪しい点があれば、使わないほうがいいでしょう。